セレクトショップ、仕事、忙しい、オリジナル、Tシャツ、お店、ショッピング、モール、百貨店、厳選、ダイエット、激安、訳あり、商品、
えーあ、まるえ、まるあ、どっとこむ、ご縁、
雑貨、生活、ブランド、伝統、食品、お勧め、
モデリートエクストラクラッシュ、大人気、
布団、羽布団、化粧水、香水、サンダル、サプリ、
サプリメント、DHC、女性売り場、男性売り場、家族、
生活雑貨

初心者の為の FX活用方 from 疾風
問い合わせ






       Home --> FX必勝法 --> ギャンブル依存症


ギャンブル依存症は、アルコール依存症や薬物依存症に大変よく似ており依存性疾患なのです。WHOの診断基準ICD-10、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-4にも、明記されている精神疾患です。
日本では治療を受けていない患者が200万人以上ほどいると推定されます。昔から、飲む・打つ・買うは男の甲斐性などといわれていますが、この病気は江戸時代からあったようです。丁半博打で身を滅ぼす男は数知れず、大半はやくざの取立てにあって、逃げ出すことも多かったようです。 現代社会においては、主婦、学生までも楽して儲けたい等の意識が多々ありギャンブルに足を踏み入れています。
代表的なギャンブルは競馬、競輪、競艇、パチンコ等です。   FXも投資として金利を得る方法とギャンブルとして短期に為替差益を得る手法があり全てはユーザに責任は一任させており、危険な要因を多々含んでいます。  特に楽してお金を得ようと大金を注ぎ込み、仕事も手に付かず、借金までして行うのは既にギャンブル依存症になっている可能性がありますので十分注意が必要です。

ギャンブルは、大変刺激性の強い遊びです。ギャンブルをやっているときは、脳内神経物質「ドーパミン」が大量に放出されます。強い興奮状態に置かれるわけです。しかし、自分が興奮状態になっていることに、人はなかなか気がつきません。これを毎日繰り返すようになると、もっと強い興奮、刺激を「無意識」に求めて、ギャンブルに走り自己制御できなくなります。

お金がなくなると当然借金が始まります。そして、それを取り返そうと言う「理由付け」でさらにギャンブルにはまります。借金で首か回らなくなると、家族に助けを求めます。「もう二度としません」等と約束しても、依存症という病気の状態ですから、遅かれ早かれ再発します。本人には病気と言う意識はもちろんありませんので、なかなか治療につながりません。借金の肩代わりは百害あって一理なしと思われます。失踪することも、会社の金を横領することも珍しくありません。  もう本人の意思ではどうにも出来ないのです。

私は精神心理学を学んでいますが、FXは一歩間違えるとこれからの社会に大きな問題、影響を与える可能性があると思います。
この文章を読んで身に覚えがある人、気がついた人は、自分の意思でコントロールできるか出来ないか確認して、自分の判断でなく
家族と相談して依存症かどうか認識する必要があります。  依存症の可能性がある場合適切な援助を受ける必要があります。依存症という病気は家族も病気にします。そのくらいの強い力があるのです。早めに、この問題に詳しい専門家に相談することをお勧めします。






掲載されているすべての文章・画像に関して、著作権法に基づき一切の無断転載を禁止します